ほのぼの旅と、ゆるゆる子育て
3児のママの旅育ブログ
ルネッサンスリゾート沖縄

【ルネッサンスリゾートオキナワ】おすすめアクティビティ|イルカを間近で?!予約方法は?冬でもできるの?

こんにちは。

ホテルレビューや子連れ旅のことを書いているブログ「ほのぼの旅と、ゆるゆる子育て」へようこそ。

今回は沖縄県にあるイチ押し子連れ向けホテル

「ルネッサンスリゾートオキナワ」

で楽しめるアクティビティについてレビューしていこうと思います。

ホテルの敷地内にイルカがいるって知らなかった。ルネッサンスリゾートオキナワのブログを見るまで知らなかったんだよね。
たくさんの無料、有料のアクティビティがあって遊びきれないくらいなんだ。今回は4ヶ月の赤ちゃんでも楽しめるアクティビティに参加したよ!

それでは、実際に体験したアクティビティをご紹介していきます。

ルネッサンスリゾートオキナワのアクティビティ|元気“スマイル”チャージキャンペーン

今回はホテルのキャンペーンとして、元気“スマイル”チャージキャンペーンを行っており、宿泊者が無料で参加できるチケットをチェックイン時に頂きまして、無料でアクティビティに参加することができました。※期間限定のキャンペーンです。

現在は、『ウェルカムドルフィンズ』というアクティビティはありませんが、類似したプログラムがありますので、そちらも合わせてご紹介します。

ルネッサンスリゾートオキナワのアクティビティ|予約方法は?

アクテビティの予約はチェックイン後から、アクテビティカウンター(8:30〜18:00)にて予約をすることが出来ます。

一部アクティビティ以外は電話での予約をすることが出来ないので、チェックインを早めにして人気のアクティビティをおさえるべし!!

事前電話予約が可能なアクティビティは下記参照

  • ファミリードルフィンS(スイムプラス)
  • ドルフィンオーシャンアドベンチャー
  • ドルフィンオデッセイ
  • アイランドクルージング
  • パラセーリング体験
  • トローリングフィッシング乗合体験ダイビングツアーダイビング
宿泊日の3ヶ月前から予約が出来てチェックイン日の1週間前までに予約が完了しないと行けないんだって
アクティビティの前日17:00までにアクテビティカウンターにて本予約の手続きが必要だよ!

ルネッサンスリゾートオキナワのアクティビティ|ホテル敷地内に海や陸の生き物が?

ルネッサンスリゾートオキナワにはホテルの敷地内のラグーンには、イルカやエイ、カメなどたくさんの海の生き物たちが飼育されています。

まず、ここに驚き。

ホ、ホ、ホテル内

ど、どうぶつ?!

しかも、海の仲間たちだけではありません。

陸カメ、オウム、ワラビー、オットセイ、コウモリも暮らしているんです!

美ら海水族館へ行かなくても、ホテル内で生き物と触れ合える。ルネッサンスリゾートオキナワに泊まる1番のメリットが、”ホテル内で動物たちと触れ合える”ことではないでしょうか。

何と言っても“移動がなくて、めちゃくちゃ楽!!”

子連れでの旅行では、移動が大変。長距離の移動になると飽きてしまい、後部座席で泣いたり叫んだりすると、子供も運転しているパパやママも辛いですよね。

移動がなくとも、ホテル内でアクティビティが出来ることや、沖縄の海や風を感じながら生き物と触れ合える体験が出来るのはメリット大です。

コロナ禍での新しい旅のスタイルにぴったりだね!

ルネッサンスリゾートオキナワのアクティビティ|ウエルカムドルフィン

雨予報ですが、見事に晴れてくれて
ウエルカムドルフィンという
アクティビティに参加しました。

  • 6歳の息子
  • 4ヶ月の息子
  • ママ(筆者)

ラグーン内に住んでる動物をスタッフの方が豆知識を教えてくれたり、動物に関するクイズをしながらラグーン内の動物を案内してくれます。

イルカは鯨の仲間で4mを超えたイルカはくじらという名前になるんだ。
日本人が勝手に『イルカ』と名前をつけたみたい。

スタッフさんが今回見るイルカの種類を説明してくれたり、

鯨の歯を触らせてくれたりと、ただ、動物と触れ合うだけでなく、触れ合う動物について学べるのは、ツアーに参加して良かったと思います。

一通り説明が終わると足元に気を付けながらラグーンへと向かいます。(段差があるので抱っこ紐の方は注意です)※ベビーカーでは参加できません

乳児も一緒に楽しめる

今回のアクティビティは4か月の赤ちゃんも一緒に参加しました。

エルゴ360の前向きにできるタイプの抱っこ紐で、前向きにしてあげると、イルカを目で追ったり、キャキャと叫んでみたり、楽しんでいる様子。

普段は見ることの出来ない赤ちゃんの姿。本人は覚えていないかも知れませんが動画に残してあげたり、パパママの子育ての記憶に残ります。

こんなに近くでイルカを見られる体験は水族館でもなかなかできません。人混みを避ける意味でも、ホテル内アクティビティは良きですね。そう感じました。

水濡れ注意!イルカにご挨拶

ルネッサンスリゾートオキナワのラグーンでは13匹のイルカが飼育されています。

ツルツルのボディに触れることはこちらのプログラムでは出来ませんが。こんなに近くでイルカを見られたのは初めてでして、よく見ると目が鯨に似ています。

ヒレをパタパタさせて、目の前までご挨拶に来てくれる姿がほんとにかわいらしい。

するとスタッフさんが、その場に座ってくださいと。濡れてしまうかもしれませんのでご了承ください。

ん??何ごと???と思ったら

なんと目の前でジャンプの3連発!!迫力満点です。

奥の夫妻は水がかかって「オーマイガー」と言っておられましたが。私たちは運よく水はかぶらず済みました。

雨ガッパも貸して頂けるので、持参不要です!

元気よくジャンプをしてくれた、イルカさんに拍手をして、次は陸に住む動物と対面です。

ウエルカムドルフィンというアクティビティ名なので、イルカだけかと思いきや、陸の動物達、水面から見ることができるエイやカメが、沖縄の綺麗な海で泳ぐ姿など見所満載で驚きでした。

ルネッサンスリゾートオキナワのアクティビティ|陸に住む動物も見て触って

さて、先ほど説明してくださったイルカ調教師のお兄さんとバトンタッチして、今度は陸に住む動物専門のお姉さんがツアーを引き継いでくれました。
笑顔が素敵なお姉さんが、クイズを出してくださったり、動物についての豆知識を交えてお話してくれます。

ワラビーともふれあいが出来て、長男は楽しそう!
4ヶ月のベビーも、鳥の鳴き声に『ビクッ』としたり、『ジー』っと動物を見つめて、彼なりに何かを感じているようでした。

この時は2月でしたので、日差しはあまり強くありませんが、夏の沖縄の日差しは“やけど”レベルなので、帽子は持って行った方がいいと思います。2月でも日が当たる場所は手で日陰を作っていないと、ベビーは暑いと感じるかも。

2月の沖縄って寒いイメージとは違い、初夏の陽気で心地よい気温です。

気になる動物臭は屋外ということもあり、あまり気になりませんでした。
ただ、動物さんたちも、う○ちをしますので、小さい子が拾って食べないように注意です。

攻撃してくるような子もいないので、間近で動物を見られる貴重な体験ができます。

コウモリは夜行性なので、寝ていましたが、人間の声がして起きてきてクリクリの目を見せてくれました。かわいい〜!

ツアーの最後に、陸亀の赤ちゃんを見ることができました。
まだ卵からかえって4ヶ月のちっちゃな赤ちゃん達。

次男と同じ4ヶ月の赤ちゃんは、首を動かしたり、手をパタパタさせたりと、人間の赤ちゃんと同じようです。

最後に説明をしていただいたお姉さんに、みんなで拍手をして和やかな雰囲気のままツアー終了です。

  • 濡れてもいい軽装が良い
  • 抱っこ紐は必需品(前向きだと赤ちゃんも楽しめる)
  • 夏などは子供の水分補給も忘れずに
  • 帽子も持って行った方が良い
  • カメラや携帯電話は水中に落とさないように注意!!

ルネッサンスリゾートオキナワのアクティビティ|おすすめの類似プログラムは?

ウェルカムドルフィンというプログラムは残念ながら期間限定のキャンペーンでしたが、類似のアクテビティがありますので、ご紹介します!

ドルフィンジャンプ

先ほどご紹介したイルカについて学んだり、イルカのジャンプが見られたアクテビティで似ているものは、ドルフィンジャンプというプログラムです。

ドルフィントレーナーの解説付きで間近でイルカを見学できるプログラムとなっていて、生態や体の仕組みについてトレーナーがレクチャーしてくれます。

  • 所要時間:30分
  • 料金:1,500円

スマイルドルフィン|イルカに触れたい!って方はこちら

イルカに関するレクチャーの後、海に入らない状態のまま、イルカに触れ合うことができるスマイルドルフィンというプログラムがあります。

  • 所要時間:30分
  • 料金:5,000円

フィッシュ フィーディング

海の生き物に関するレクチャーの後に浅瀬に入って海のお魚たちやエイにご飯をあげるプログラムです。

  • 所要時間:30分
  • 料金:1,500円

もぐもぐタイム

生き物に関するレクチャーの後に、ワラビーや陸の動物たちにご飯をあげるプログラムです。

  • 所要時間:30分
  • 料金:1,500円

ウォーキングアドベンチャー

リーフガーデンや、ワラビー広場に暮らしている生き物に会いに行けるプログラム。
エサはあげられませんが、見て楽しむをウォークスルータイプのアクティビティです!
こちらは先ほどご紹介したプログラム“スマイルドルフィン”の陸の動物に会いに行けるプログラムと似ています。

  • 所要時間:30分
  • 料金:700円

他にもマリンメニューや様々なアニマルプログラムなど、何日いても飽きない豊富なアクティビティが揃っています。ルネッサンスリゾートオキナワは連泊がおすすめです!!

ルネッサンスリゾートオキナワ|連泊がお得!“Club Savvyとは?”

クラブサビーをご存知ですか?
な、なんだそれ?!(私もこのサービス知りませんでした)

結論から書きますと、「連泊するとルネッサンスリゾート沖縄での滞在が充実しますよー」

随分ざっくり書きましたが、このサービスを使うと使わないでは満足度が違います。特に、子連れの方にはぜひ利用して欲しいサービスです。

ただし!!!3連泊しないと利用できない!!ここは注意です。
ハイシーズンは4連泊となかなかハードルが高めですが、快適で充実した滞在になることは間違いありません。

クラブサビーの対象になる期間は例年ですと繁忙期は4連泊、閑散期は3連泊といったところでしょうか。

<<クラブサビー対象条件>>

春休み開け~6月末、10月に3連泊以上
7/1~9/30に4連泊以上

クラブサビーは2種類あり、デラックス以上の客室ですと、さらに特典が増えます。

  • Club Savvy(クラブサビー)
  • Club Savvy Premium(クラブサビープレミアム)
    デラックスツイン・デラックスフリッパーズコネクティング・クラブツイン・ジュニアスイート・ルネッサンススイート・琉球スイート・和室デラックスの客室に宿泊しているゲスト。

それぞれの特典内容は大体同じですが、割引率や無料アクティビティの内容が異なっているんです。

Club Savvy Club Savvy Premium
無料
  • バナナボート
  • ビーチパラソル
  • ビーチチェア
  • ビーチマット
  • シュノーケルレンタル
  • カヌーレンタル
 

  • コーラルアドベンチャークルーズ
  • ヨットセーリング
  • ヨットサンセットセーリング
  • はりゅう船クルーズ
  • ビッグマーブル
  • 護岸釣り

Club Savvyの無料アクティビティにプラスして、上記のプログラムも無料に!

50%
  • シュノーケルツアー(5/1~10/31)
  • シーウォーク
  • コーラルアドベンチャークルーズ
  • ヨットセーリング
  • はりゅう船クルーズ
  • ヨットサンセットセーリング
  • クマノミ号サンセットクルーズ
  • ジェットスキー
  • ビスケットチューブ
  • ビッグマーブル
  • ホビーキャット
  • シュノーケリングバケーション
  • ハイローラー
  • グランドスタンド
  • トレジャーハンティング
  • ホバージェットClub Savvyの50%割引のプログラムが増えてさらにお得に!
30%
  • スマイルドルフィン
  • ファミリードルフィンS(スイムプラス)
  • ドルフィンエンカウンターS(スイムプラス)
  • パラセーリング
  • アイランドクルージング(5/1~10/31)
  • フィッシング乗合
  • 体験トローリング
  • ライフセーバー体験
  • 手作りアート工房20%OFF
10%
  • ドルフィンオデッセイ plus(プラス)
  • ドルフィンオーシャンアドベンチャー
  • ドルフィンオーシャンジャンプ
  • ハロードルフィン
  • ドルフィンPhoto
  • 手作りアート工房

 

山田温泉に入れたり、朝食やランチ、クラブサビー専用ラウンジ、大人との同伴でキッズディナー無料など、特典満載です!
沖縄に3泊以上滞在できる方は、ルネッサンスリゾート沖縄がおすすめです!

ルネッサンスリゾート沖縄のお部屋の詳細はこちらから↓

【ルネッサンスリゾートオキナワ】子連れサービス豊富なお部屋の宿泊記ブログ沖縄子連れホテルはここがオススメ。コロナ禍でも子連れで楽しめる「ルネッサンスリゾートオキナワ」のブログです。お部屋の詳細や、子連れサービスを掲載。...

まとめ

ルネッサンスリゾート沖縄を知るまでは、ホテル内にイルカやカメ、ワラビー、オットセイなどと触れ合えること自体、知りませんでした。美ら海水族館へ行けば良いという考えでしたから・・・

こんなにも間近で動物を見ることが出来て、今まで泊まった沖縄子連れホテルの中でもNO1です。子供も大人も楽しめるアクティビティが揃っているのも、ルネッサンスリゾート沖縄の特徴。ぜひこのホテルに泊まった時は、アクティビティに参加してみてくださいね♪

【旅行前に-3kg】旅行中に太る原因と気をつけたいこと|朝食バイキングや食べ歩きに注意旅行先で食べ過ぎて増量のお土産を持ち帰る前に、旅先でできる太らないようにするための方法。...