ほのぼの旅と、ゆるゆる子育て
3児のママの旅育ブログ

【旅行前に-3kg】旅行中に太る原因と気をつけたいこと|朝食バイキングや食べ歩きに注意

そろそろ旅行に行きたい!と夏休みやお盆休みを利用して、国内旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか。

青い空、大自然に温泉やプール。計画からワクワク楽しくなりますよね♪

旅の醍醐味と言えば、なんと言っても

グルメ!!

その土地でしか食べられないものを楽しむのも旅の楽しみの1つです。

しかし、日常生活からの開放感から、ついついハメをはずして爆食してしまいがち。

〇〇名物や、北海道限定!「ここでしか食べられない」と、お腹がすいていないのに次々と口にしたり、夜遅くまで飲んだり食べたり。

その結果、体重が2~3kgも増えて、旅行後に

『やっちまったー!!』

と反省をした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、旅行の前に知っておくべき

「旅行太りを防止する3つの方法」

をご紹介します。

旅行中に太ってしまう理由は、以下の3つが考えられます。

  • 空腹ではないのに開放感から食べてしまう
  • 糖質やカロリーをたくさん摂取してしまったため
  • 便秘でお通じが悪くなったため

旅行中は美味しいものを食べたり飲んだりしたいところですが、それが原因で「増量」のお土産は持ち帰りたくないもの。

旅行先で出来るダイエットは後程お伝えするとして、まずは旅行中に太ってしまう理由についてしっかりと理解しておきましょう。

旅行中のダイエットは気にしない?|美味しいものは食べるが食べ過ぎに注意する

旅行中は、過度な食べ過ぎに注意したいところ。

もちろん旅行中は、その土地ならではの“美味しいもの”を堪能したいですよね。

太りたくないからといって食べないのでは、旅行の楽しさが半減してしまいます。

食べることを禁止するのではなく、あれもこれもと欲張らずに、胃袋に詰めすぎないようにすることが大切です。

旅行中のダイエットは気にしない?|糖分やカロリーの取りすぎに気をつける

旅行中に太ってしまう原因は美味しいものの食べ歩きだけではありません。

その土地のものをふんだんに使った、こだわりの朝食バイキングにも落とし穴が。

元を取ろうと、あれもこれもと食べすぎてしまう方も多いのではないでしょうか。

朝食バイキングで太らないためのポイント
  • 炭水化物を食べる前にも野菜から食べる
  • 炭水化物は食べる順番をにすることで血糖値の上昇を抑える
  • よく噛んで食べることで満腹感を得られやすい
  • カロリーや糖分を気にしながら食べる

朝食ブッフェでお腹いっぱい食べてから、お昼は観光で食べ歩きなんてするとさらに増量してしまう原因になってしまうので気をつけたいところです。

旅行中は意外と体力が必要

旅行中は普段と違う環境になることから、夜なかなか寝付けなかったり、お腹いっぱい食べ過ぎてしまって寝苦しいなんてこともしばしば。

睡眠時間が短くなってしまうと、体力面でも旅を楽しめなくなってしまったり、睡眠時間が短いことで爆食いの原因にもなってしまうかもしれません。

 

ぐっすり眠るためには夜は早い時間に夕食を済ませて、早めに寝ると朝快適に目覚められます。朝食バイキングも早めに食べることで、

  • 消化される時間が長くなり、昼食までの間隔があくことで太りにくくなる。
  • 空いている時間に食べられるので、ゆったりと朝食を楽しめる。

などといったメリットもあります。

朝食後には、ホテル周辺をお散歩するのもおすすめ。朝にしか見られないその土地の風景をお腹いっぱい堪能できますよ♪

それでも食べ過ぎて太ってしまうのが怖い

旅行先で食べ過ぎを防止したい

旅行前に3キロ落としてから旅先で美味しいものを思いっきり食べたい

という方にオススメのGLP-1

GLP-1は体内にもともとあるホルモンで食欲を抑える効果があります。

オンラインで処方されるので、おうちでも旅先でもダイエットできるメディカルダイエットです。

1日1回飲むだけ。食事制限なし。

胃の中の食べ物をゆっくりと排出させる作用があるため、空腹になりにくい。

血糖値の上昇を抑える効果。

空腹を感じずらいので我慢するダイエットから脱却できる。